アイアンでフェースをシャットに使う方法は?どんなスイング?

アイアンショットではフェースをシャットに使うのが正解、と耳にしたゴルファーは多いのではないでしょうか。

フェースをシャットに使う、と言葉で分かっていても実際にはどのようにスイングをすればいいのか今一つ詳しく書かれていない、なんてところも少なくありません。

アイアンでフェースをシャットに使うために、どのようにスイングをするべきなのか、見ていきたいと思います。

フェースを開閉させるスイングはひと昔前のスイング

グリップをウィークに握り、フェースを強く開閉させるスイングがあります。

これはひと昔前のパーシモンヘッドのドライバーで飛距離を出すための動きで、現在のクラブではこうしたスイングとの相性がいいとは言えません。

アイアンショットは方向性が命です。そこでフェースを強く開閉させてしまうと、インパクトの瞬間のフェース向きを揃えるのは、難易度が高くなってしまいます。

フェースをシャットに使えると方向性が安定するメリット!

アイアンショットでフェースをシャットに使えるようになると、スイングそのものにメリットが生まれてきます。フェースをあまり開閉させないスイングとなるため、インパクトでフェースの向きが揃いやすくなります。

するとある程度狙った方向にボールが飛んでいくようになりますので、左右のズレが少なくなるんですね。シャットにフェースを使えるようになるとスコアが一気に良くなる可能性もあるんですよ。

フェースをシャットに使う≒フェースの開閉をなるべくさせないスイング

「フェースをシャットに使う」と聞いて、どのようなイメージをされる方が多いでしょうか。

中には「バックスイングの途中までボールが飛んでいく方向にフェースが向いている状態」と答えるゴルファーもいるかもしれません。

これはボールの飛球線に対してフェースが開閉していない動きですが、ゴルフのスイングは体を軸に回転をしています。そのため飛球線に対してフェースが開閉していない動きは、バックスイングでフェースを閉じる、フォロー側でフェースを開く、というちぐはぐな動きとなってしまいます。

フェースをシャットに使うスイングとは、フェースの開閉をなるべくさせないスイングです。軸に対してフェースは開いていかないものの、正面からフェースを見ているとフェースは開いているように見えるんですね。

フェースをシャットに使う動きを体に覚えさせよう

フェースをシャットに使うスイングは、軸に対してフェースを開かない動きをしています。このスイングを体に覚えさせるためには、グリップしてクラブをまっすぐ前に構えてみましょう。

このとき軸とフェースの向きは同じになっています。

そのままフェースと軸の向きを保ったままバックスイングする方向へ体をねじってみましょう。このとき体の軸とフェース向きがまっすぐになっていればOKです。

バックスイング側へクラブを向けたときに、ヘッドが寝てフェース面が上を向いているとフェースが開いている証拠です。

シャットフェースのスイングを覚えよう

フェースをシャットに使う動きをまずクラブを地面と水平に動かして感覚を掴んだら、そのイメージのまま素振りをしてシャットフェースのスイングを作っていきましょう。

フェースをシャットに使う動きで体の使い方をイメージして、素振りで実際のスイングになじませていく、という練習を繰り返していくと、シャットフェースのスイングが身に付いてきますよ。

 

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。