パター形状と合うストロークは?パターの基本の選び方

パターの形状には大きく分けてブレード型、マレット型、ネオマレット型の3種類があります。

それぞれのパターには、相性のいいストロークタイプがあり、パターを選ぶときの基本的な指標の1つになります。もちろんこれに合わせなければいけないわけではなく、最終的には自分のフィーリングを大切にしてパターを選ぶべきです。

しかしパターの選び方の基本として「こんな考え方があるんだな」と知識として持っておくと、ゴルフを続けていく上で色々とパター選びなどにも役に立つ日が来るでしょう。

パターの形状とそれに合うストロークタイプの基本をチェックしてみましょう。

スッキリとしたパター形状が印象的なブレード型

スッキリとしたパター形状が印象的なのが、ブレード型のパターです。

ピン型とも呼ばれており、ブレード状のヘッドでシャープでシンプルな形状をしています。手の感覚を出しやすい、と言われており距離感を感覚ではかるゴルファーと相性がいいとも言われていますね。

ブレード型はイントゥインのストロークタイプが合いやすい

すっきりとしたシルエットのブレード型パターは、イントゥインのストロークタイプとの相性が抜群です。

構えたときに体の軸を中心としてバックスイングでややフェースが開き、インパクトで中心に戻ってきます。フォローのときにはフェースを閉じてくるような動きをするため、ナチュラルな体の動きに近いストロークタイプと言えそうです。

大きなシルエットのネオマレット型

真四角だったり、ツノが生えたような形状だったり、大きなシルエットのネオマレット型のパターもあります。

ブレード型と比較すると、ヘッドに奥行きがあるのが特徴です。振り幅を決めて打つタイプとの相性がいいとされており、ミスヒットにもボールの転がりが変わりにくいメリットもあります。

ネオマレット型は真っすぐ引いて真っすぐ打ち出すストレートストロークタイプに

ヘッドに奥行きのある形状のネオマレット型のパターは、構えた位置から真っすぐ引いて真っすぐ打ち出すようなイメージのストロークタイプによく合います。

奥行があり、ヘッドにはラインも引いてあるモデルが多いので、ラインやヘッドのカラーなどを参考にして真っすぐヘッドを動かしやすくなっています。

カマボコのようなドーム型のマレット型

かまぼこをカットしたようなシルエットのマレット型。ブレード型よりも奥行があり、ネオマレットよりもシルエットが小さいため、ブレード型とネオマレット型の中間的な位置付けとされているパターの形状です。

ブレード型では方向性がイメージしにくい、ネオマレットでは大きすぎてフィーリングが合わない、という方はマレット型がしっくりくるケースも少なくありません。

ブレードとネオマレットの中間のイメージならマレットで

形状や特徴がブレード型とネオマレット型の中間となるマレット型のパター。

シルエットも小さ目なので、見た目もシャープで、しかもストレートストロークにも、イントゥインのストロークもどちらもやりやすいのが特徴です。

パターの形状とストロークタイプで自分の相棒となるパターを選ぼう

自分のストロークタイプはどのパター形状とあっているのか、基本的な選び方を紹介してみました。もちろん最終的にはフィーリングや感覚により部分も大きいパターの選び方ですが、おおよその傾向を掴んでおくのも悪いことではありません。

パターはゴルフで最もスコアを縮めやすい部分の1つです。パターで自分の信頼できる相棒を見つけて、スコアアップをめざしましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。