暑い夏ゴルフのおすすめ対策グッズは?涼しく快適に楽しもう♪

夏のゴルフで一番の心配事と言えば「暑さ」です。

40度近くにもなる日に、丸1日ゴルフをプレーするのは体力的にもかなり厳しいものがありますよね。

そこで夏の暑い暑いゴルフを少しでも涼しく快適に過ごすための、暑さ対策グッズを紹介してみたいと思います。

夏ゴルフ対策グッズ:メッシュキャップ

夏ゴルフの対策グッズとしておすすめしたいアイテムはメッシュキャップです。

メッシュになっていないゴルフキャップでは、日差しをカットできますが帽子の中の熱を外に逃がしきれずかえって蒸れてしまう可能性があります。

またサンバイザーでは、太陽の光を直接頭に浴びてしまうため、夏の日差しをモロに受けてしまうことになります。

メッシュキャップならば日差しをカットしながらも、通気性が高いため帽子の中が蒸れにくい特徴があります。ぜひ夏のゴルフには熱中症対策にメッシュキャップをおすすめします。

夏ゴルフ対策グッズ:機能性インナーやアームカバー

夏ゴルフの対策グッズでおすすめなのが、機能性インナーやアームカバーです。

夏のゴルフではなるべく肌を露出させないのが大切です。そこで便利なのが機能性インナーやアームカバー。

夏用の機能性インナーやアームカバーでは、体にフィットして動きやすく、UVカットや吸汗発熱機能がついた素材が使われているのが特徴です。

暑い夏の日差しの下でも太陽光を遮り、涼しく快適にゴルフを楽しめるようになりますよ。

夏ゴルフ対策グッズ:ゴルフ用の傘

ゴルフでは他の人がショットするまでボールで待っていたり、自分が打ったボールを探しに行ったりと、直射日光を浴びなければならない場面もありますよね。

そこでゴルフ用の傘があれば、そんなときでも直射日光を大幅カットできます。

ゴルフ用の傘は雨なら通常の傘として、晴れの日でも日傘として、両用で使用ができるようになっていますので、夏のゴルフにはぜひ持っておきたいアイテムの1つ。

ゴルフ用の傘は比較的大型のものが多いため、夏の晴れた日に普段使いとしてもおすすめです。

夏ゴルフ対策グッズ:氷のう

夏の日差しや熱で熱くなってしまった体を冷やすのに、氷のうは今では必須のアイテムですよね。

クーラーボックスの中にドリンクと一緒に氷のうを入れておくゴルファーも増えてきました。おでこや頭の上、首の後ろなどにあてておくだけでひんやりと気持ちいいため、一度使うと手離せません。

夏の暑いゴルフでは、首筋や脇の下などの大きな血管の部分を冷やすように意識しましょう。大きな血管の部分を氷のうで冷やしてあげると、効率的に体を冷ますことができますのでおすすめです。

夏ゴルフ対策グッズ:ネッククーラー

氷のうの場合、冷やしていると片手がふさがってしまうデメリットがあります。そのデメリットを解消したのがネッククーラーです。

水に濡らして首に巻くだけでひんやりと冷たくなるのが特徴です。

水が乾いてしまっても、飲み水を含ませてあげればまた冷却効果が復活するお手軽なアイテムなので、夏のゴルフにぜひおすすめしたい対策グッズの1つ。

濡らしたタオルなどを首に巻くとドレスコードに引っ掛かってしまいますが、ネッククーラーならば大丈夫。また最近ではドレスコードに配慮するためか、タオルのような見た目のネッククーラーではなく、タオルっぽさを感じさせないネッククーラーが販売されるようになっています。

首の後ろの日焼け対策にもなりますので、夏のゴルフに1つは持っておきたいおすすめアイテムです。

夏ゴルフ対策グッズ:フェイスガード

日焼け対策のアイテムとして重宝するフェイスガードも、夏のゴルフ対策にはおすすめしたいアイテムの1つ。

日焼けも防止してくれながら、接触冷感機能がついた高機能な商品もたくさん販売されています。

元々女性用のアイテムが主流でしたが、日焼けしない、涼しい、ということで今では男性用のフェイスガードも増えてきています。

暑い夏ゴルフではしっかり対策を!

真夏の暑い日はゴルフをするにはちょっと過酷。

だからこそ少しでも快適に涼しくゴルフが楽しめるように、暑さや日差しの対策をしておくのがポイントです。

暑さにバテバテになってしまうとスコアにも影響が出てしまいますし、何より熱中症などで倒れてしまっては元も子もありません。

夏のゴルフでは夏用のグッズを上手に使って、暑さ対策を万全にしておいてくださいね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。