ゴルフ場のドレスコードは?ゴルフウェアの基本をおさらい

ゴルフ場にはドレスコードという服装規定が存在します。
ゴルフ初心者にはなんだか敷居が高く感じてしまうこのドレスコードですが、基本さえキチンと確認しておけば怖がることはありません。

ゴルフのプレー中におけるドレスコードについて確認してみましょう。

ドレスコードの基本:トップスは襟付きで

ドレスコードの基本、まずはトップスから見ていきましょう。

ゴルフウェアの基本中の基本「襟付きシャツ」です。ポロシャツでもワイシャツなどでも襟がついているシャツならば大丈夫です。しかしゴルフウェアとして販売されているのはポロシャツがほとんどとなります。

寒くなる時期では襟付きシャツの上に、襟がついていないセーターやブルゾン、フリースなどを着用してプレーするのが主流です。

襟付きシャツがドレスコードとなっていますが、襟が外から見えるようになっていなければいけないわけではありません。

またポロシャツの裾については、必ずパンツにインするようにしてください。

ドレスコードの基本:ボトムスは素材や形に注意

ボトムスには男性ならばロングパンツやハーフパンツ。女性ならばロングパンツ、ハーフパンツに加えて、ショートパンツやミニスカート、ワンピースなどもありますね。

ボトムスについては素材や形状に注意すればドレスコードはクリアできるでしょう。

まずNGとなっているのがジーンズやカーゴタイプのパンツです。シーンズ素材やポケットにマチがついているカーゴタイプのパンツは避けるようにするのがポイントです。

またゴルフ場によってはハーフパンツやショートパンツ、ミニスカートに合わせるソックスに注意!
ソックスの丈が長くないと、ドレスコード違反となるゴルフ場があります。初めて訪れるゴルフ場ではしっかり確認しておきましょう。

ドレスコードの基本:ベルト着用が必須

ゴルフのドレスコードはベルト着用が基本です。

ベルトはボールケースや、カートのリモコンを引っかけておけるなど、便利な部分も多いのできちんと着用するようにしましょう。

ただしゴルフウェアの中には、構造上ベルトが付けられないウェアもあります。このようなゴルフウェアでは着用は免除されます。

またベルトについてデザインや種類について指定は特にありません。ゴルフ用のベルトとして販売されているものを使用しても大丈夫ですし、普段使っているベルトを流用しても構いません。

ドレスコードの基本:帽子は着用しよう

日差し避けだけでなく、ボールが飛んできたときに多少のケガ防止になることから、帽子は必ず着用するようにしましょう。

形状についてはキャップやサンバイザー、ニット帽、ハットなどどんな形状のものでも大丈夫です。

ドレスコードの基本:ゴルフシューズを履こう

ゴルフ場のドレスコードでは足元も非常に大切です。

ゴルフでは斜面に立ってショットをしたり、芝が水に濡れて滑りやすくなってしまう場面も珍しくありません。

そこでゴルフシューズを履いているか履いていないかで、足元のグリップ力に大きな差がでます。

「スニーカーでゴルフはプレーできないの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、プレーはできないことはありません。しかしゴルフ場でドレスコードとして定められている場所がほとんどなので、ゴルフシューズは準備しておくようにしましょう。

ゴルフを続けるかどうかわからない、という方はゴルフ場にレンタルが用意してあるところも多いので問合せをしてみてください。

どのゴルフ場のドレスコードでも絶対大丈夫なゴルフウェアは?

ゴルフ場のドレスコードはちょっと複雑です。

その複雑さを助長しているのが、ゴルフ場によってそれぞれ微妙にドレスコードが変わってくるのが原因でしょう。

そのためどんなゴルフ場へ行っても絶対に大丈夫!というゴルフウェアを見ていきましょう。

まず男性ゴルファーから。

帽子と襟付きのポロシャツ、そしてゴルフ用のロングパンツにゴルフシューズ。これならどこのゴルフ場へ行ってもドレスコードは必ずクリアできます。

続いて女性ゴルファー。

帽子と襟付きのポロシャツ、ゴルフ用のパンツやミニスカートにロングソックスを合わせます。そしてゴルフシューズを履けば完成です。

男女ともに注意したいのが、場所によってはインナーシャツやレギンスが禁止されているところもあります。よくわからないときにはインナーシャツやレギンスは避けるようにしましょう。

迷彩柄や極彩色はグレーゾーン

ゴルフ場によって許可されているところと禁止されているところに分かれるのが、迷彩柄や極彩色のデザインのゴルフウェアです。

いわゆる「名門」と呼ばれているところでこうしたウェアが認められていないところが多く、ドレスコード的にグレーゾーンとなるため注意が必要です。

ゴルフウェアで襟無しって大丈夫?

これまで時折物議を醸してきたのが、Tシャツタイプの襟がついていないゴルフウェアです。

プロゴルファー着用して話題になることもありますが、基本的には襟無しのゴルフウェアはおすすめできません。

その理由は各ゴルフ場のドレスコードに「襟付きのシャツを着用すること」と明記されているためで、あえて注意を受ける可能性のあるウェアをチョイスするのはナンセンスです。

ただこの「襟」については色々な解釈があって、ハイネックやタートルネックなどの首の部分が長いウェア(4センチ以上)は、襟として認められています。

ドレスコードの基本を理解して楽しくゴルフをプレーしよう

ゴルフ場のドレスコードはなんとなく堅苦しく感じてしまう方も多いかもしれません。

しかし基本さえキチンと理解しておけば、ドレスコードの心配をせずゴルフが楽しめるようになります。

ぜひドレスコードの基本を参考にしてみてくださいね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。